トラベラーズチェック 注意

トラベラーズチェックの注意点

海外で現金を持ち歩かなくて良い、紛失時に再発行が可能であるなど安心感のあるトラベラーズチェックですが、いくつかの注意点があります。

 渡航先によっては、そのまま小切手としてショッピングやレストランなどで使える国、全く使えない国など様々です。事前に情報を得るようにし、またトラベラーズチェックだけではなく、クレジットカードや現金も持っていきリスクを分散させましょう。

 現地に到着してトラベラーズチェックを換金する場合ですが、全額を換金するのではなく面倒でもこまめに換金することをおすすめします。盗難・紛失の際、現金は戻ってきませんが、トラベラーズチェックは再発行してもらえます。

 トラベラーズチェックには1枚につき2ヶ所のサイン欄がありますが、ホルダーズサイン欄の方にサインがないと再発行してもらえません。購入後まずは一枚ずつサインをしておきましょう。逆にカウンターサイン欄までサインをしてしまうと、紛失時悪用されてしまう可能性があるのでくれぐれも注意が必要です。

 カウンターサインはホルダーサインと同一のものでなければ受け付けてもらえません。使用の際にパスポートの提示が必要になってくる場合もあるので、パスポートのサインと同じものにしておくと良いでしょう。

 また、トラベラーズチェックの番号をすべてメモしておき使用記録として残しておくと再発行時に役立ちます。購入者控えも必要になってくるので保管しておきましょう。トラベラーズチェックと一緒に保管しておくと、万が一の場合両方紛失してしまうことになるので、別々に保管しましょう。

↑ PAGE TOP